HOMARE
Do work that people praise
アイデア・ビジネス

P2Cとは

P2Cとは

P2Cとは

P2C(P to C)とは「Person to Consumer」の略で、個人が自身で企画、生産した商品を中間業者や小売店をはさむことなく、消費者へ直接販売する取引形態のこと

P2Cのビジネスモデル

個人が自身でブランドや商品を企画し、SNSや、ブログ、メルマガなどを通じてそのブランドや商品コンセプトを発信しながら、ECサイトなどを活用して商品販売を行うビジネスモデル

P2CとD2Cの違い

P2C:個人が消費者へ直接販売
D2C:製造企業が消費者へ直接販売
D2Cとは
D2CとはD2Cとは...

P2Cのメリット

・P2Cの主体は既にフォロワーが多いインフルエンサーの為、商品開発を行う際はフォロワーの意見を取り入れることができ、販売の際は既にファンが居るので集客コストが非常に低い

・フォロワー数からある程度は購買者数・売上を見積もることもできるので、ビジネス立ち上げにおける不確実性・リスクも軽減される

個人の影響力を活用できるため、失敗するリスクが低い

インフルエンサーの影響力がP2C成功のカギ

どのような層をお客さんにしていくのか、ターゲットを考えることから始めて、P2CなのかD2Cなのか、取引形態を探ることが重要

・フォロワーの多いインフルエンサーであれば、自分の影響力を武器に商品開発や販売を効率的に実施できるのでP2C

・個人として影響力がない場合や会社で1から商品を作っていく場合は、D2Cビジネスとして消費者と直接繋がるのが現実的