HOMARE
Do work that people praise
マーケティング

マーケティングとは

マーケティングとは

マーケティングとは

マーケティングとは、すでに存在するマーケットで、商品を消費者のニーズにいかにフィットさせるかという活動
マーケティングとは

例えば、、

新しい家電製品(炊飯器)の販売を企画する場合、それを購入する(してほしい)対象はすでに存在しており、なにがきっかけで家電(炊飯器)を買うのかなどをリサーチする

『お米を炊く事に使うより、調理(料理)を楽しみたい人が多い』といったマーケットの情報を手に入れると、それを企画に移す際に「ただ単にお米を炊く事を目的した炊飯器ではなく、調理(料理)も楽しめる炊飯器を作ろう」ということになり、それに合わせて商品の詳細や広告、宣伝を考えていくことになります。

消費者のことをよく知った上で消費者のニーズに合わせた商品を作り、広告活動を行う、これがマーケティング

マーケティングの具体例

スターバックスのマーケティング戦略

スターバックスは「満足頂いたお客様こそが最強の広告塔」という、マーケティング4.0の概念(顧客の自己実現を提供)を実現している成功例である

スターバックスが日本においてここまで拡大できたのは、徹底した顧客主義を貫いているからで、これこそがスターバックスの中核をなすマーケティング戦略

スターバックスは、美味しいコーヒーを提供しているだけではなく、「スタバ体験」と言われる、「店舗でコーヒーを楽しむ上質な体験」を提供しています
スタバ体験

・上質なコーヒー
・1杯のコーヒーのストーリーまで語れるバリスタ(接客)
・空間に流れる心地よい音楽
・座り心地の良い椅子
・オシャレな空間
・Wifi完備

顧客が喜ぶ「スタバ体験」を提供するために、スターバックスは細部に至るまで徹底してこだわってサービス提供をしており、満足した顧客は何度も店舗に通ってくれる為下記のような事が実現できています。

・高LTV(ライフタイムバリュー)
・口コミ拡散により集客やブランディングにも貢献

LTVとは「Life Time Value」の略称で、日本語では「顧客生涯価値」という意味。顧客が、取引を開始してから終了するまでの期間に、自社に対してどれだけ利益をもたらしたか、収益の総額を算出するための指標

「スタバ体験」を提供するために

顧客が喜ぶ「スタバ体験」の提供には、以下のような工夫がされているからです

徹底的ブランド管理 ・ブランディングにおいて重要な要素は、「顧客からの信頼」
・広告の代わりにありのままをさらけ出して誠実なビジネスを実施することで、顧客からの信頼を獲得
・「Our Mission and Value」という行動指針を定めてこれを体現し、現状に満足せず日々成長することで強固にスタバブランドを守っている
顧客ロイヤリティの追求 ・コーヒーの味、座る椅子、店舗デザイン、流れる音楽、バリスタとの会話、居心地の良さ、通いやすさ、利便性 等
・顧客の探求心をも尊重する為、メニューの表記には敢えて(S・M・L)のサイズ表記を使わない
従業員ロイヤリティの追求 ・新任スタッフには70時間もの基礎研修を実施、福利厚生の充実、キャリアパスの提示等、スタッフが自社に誇りをもって働ける環境の構築を行っている
・自発的に良いサービスを提供しようというスタッフが誕生し、スタバで働くスタッフは、誰もがリーダーやトレーナーといった上級職を率先して目指している人が多い
地域、日常に溶け込む ・流行やファッションに敏感な人々が集まりそうな場所を巧みに選んで出店している
・過剰な装飾を控えるデ・ブランディングを施し、さりげなく日常の風景に溶け込んでいる
・店内ではコーヒーにイラストを添える
・地域と繋がるイベントを開催したりして、地域コミュニティとのつながりも大事にする
高級店などの
プレミアム「スタバ体験」
・プレミアムなコーヒーのみを提供する高級路線の新サービス「Starbucks Reserve Roastery」をスタート
・従来のスタバ体験の提供を昇華させ、プレミアムなコーヒーを飲みたいという顧客のニーズに応えている

まとめ

現状のマーケティングとして、以下のような施策をしてくことが重要と考えられる

・高価格でも顧客が満足する商品・サービスの設計
・高単価高LTV戦略を実現する為に、顧客満足度の徹底的な追及
・独自路線を行く為のオリジナリティ追求
・上質なバイラルからの集客を目指す
(セールスを控えてネガティブな反応を抑える)
・顧客コミュニケ―ションを目的としたデジタルマーケティング活用

色んな企業のマーケティング成功事例から参考になる施策を実施してみる事も重要