HOMARE
Do work that people praise

思考方法(フレームワーク)

思考方法(フレームワーク)

マーケティング戦略や実行・分析に必要なフレームワーク

施策の立案・実行を行うにあたり、様々な段階で課題が発生することがあります。
そういったときに、フレームワークを活用します。

・課題がどこにあるのか?
・課題を解決方法はどこにあるか?
・解決策はうまく回っているか? など

課題解決をする為の思考方法となります。

目的別フレームワーク(5つ)

思考整理 ビジネス・マーケティングで思考する際に意識したい考え方や、自分の思考した結果(アウトプット)をセルフチェックする際に活用する

MECE(ミーシー)・ロジックツリー

現状理解 ビジネスを展開しようと考えている市場や周辺環境について、現状を正しく理解する

市場理解:PEST分析・3C分析・4C分析・STP分析
自社理解:SWOT分析・バリューポートフォリオ・バリューチェーンモデル・5forces分析・ビジネスモデルキャンバス

顧客理解・分析 顧客がどういった行動を行うのか、顧客をどのように分析するのかを理解することでそれぞれのターゲット顧客に「カスタマイズ」した施策を打つ

顧客接触前の行動理解:AIDMA(アイドマ)・AISAS(アイサス)・SIPS(シップス)・DECAX(デキャックス)

接触後の行動理解:RFM分析・マーケティングファネル

目標設定 施策開始の前に正しい目標設定を行うこと、そして正しく振り返り、改善していく

SMART・KGI/KPI/KDI

改善 施策は行って終わりではなく、間断なくブラッシュアップしていく

PDCA・KPT YWT

「フレームワーク」は、思考・課題抽出を実行し、課題を解決するために確立された枠組みとなります。施策を最短で成功に導くためにはうまく活用します。

・施策を最短で成功に導くために活用する共通言語のようなもの
・施策の立案・実行を行うにあたり、様々な段階で課題が発生した際に課題解決のためのお手伝いをする役割を果たす