HOMARE
Do work that people praise
アイデア・ビジネス

財務諸表の見方

財務諸表の見方

財務諸表とは?

貸借対照表」、「損益計算書」、「株主資本等変動計算書」の3つで構成されている

財務諸表には、事業活動のすべての結果(正否)が集約されている為、正しい会社経営をする為には財務諸表の活用が必須です。

貸借対照表の見方

貸借対照表とは、会社の資産状況を表す財務諸表

貸借対照表は「資産の部=(負債の部+資本の部)」のバランスが均等にとれている
バランスシート(Balance sheet)、略してB/S(ビーエス)とも呼ばれている

貸借対照表(バランスシート)

貸借対照表は「資産の部」と「負債の部」と「純資産の部」の3つの構成に図解すると分かり易い

貸借対照表(バランスシート)簡単

資産の部(資産の保有形態)

現金、預金、商品、土地建物など会社が保有している全ての資産を表示
※資産の購入原資は、負債(他人のお金=借金)、純資産(自分のお金=利益)どちらでも

・チェックすべき重要ポイントは「現預金」の増減
・現預金が減少傾向にあるようなら様々な経営課題が内在している証拠になる。(赤字経営、現金回収の遅延、不良在庫の増加等)

負債の部(資本の調達手段)

負債の部に表示される項目は、すべて他人のお金、つまり、借金(必ず返すべきお金)のことだ(売掛金、未払金、借入金など)

・負債の部は、資産の部よりも少ないに越したことはない
・純資産よりも少ない方が安全

純資産の部(利益の累積)

自由に使える自分の貯金のようなもの

・重要ポイントは純資産の増減
・純資産が減少傾向にあるようなら赤字経営に転落している

貸借対照表は「現預金の増減」と「純資産の増減」の2点を常にチェックする事で、経営リスクの早期発見ができるので習慣化する事が大事

損益計算書(P/L)の見方

損益計算書=会社の業績状況を表す財務諸表
プロフィットアンドロス(Profit and loss statement)、略してP/L(ピーエル)

損益計算書プロフィットアンドロス(Profit and loss statement)、P/L(ピーエル)

損益計算書は「3つの収入」と「2つの支出」に図解すると分かり易い

損益計算書

3つの収入(売上・売上総利益・営業利益)

利益を生み出さない事業の寿命は、そう長くない。全ての費用を差し引いた後の収入の正否をチェックするには「営業利益」のモニタリングが欠かせない

粗利(売上総利益)から販売管理費を差し引いた「営業利益」までチェックする
※売上と粗利が増加している一方で、販売管理費が大幅に増加し、赤字経営に転落してしまう可能性がある

2つの支出(売上原価・販売管理費)

売上原価=売上に対応する仕入、或いは、製造原価
販売管理費=売上を作るための事業活動に関わる費用

・売上最大化と経費最小化を同時に進めることが、事業発展の秘訣
・売上や売上総利益に占める経費の構成が小さければ小さいほど、その事業の付加価値は高い(付加価値の高い事業とは、利益率の高い事業)
・2つの支出を収入(売上)よりも小さくすることが経営の鉄則

参考例:付加価値の低い事業(赤字経営の損益)

損益計算書

貸借対照表と損益計算書の関係

財務諸表を構成する貸借対照表と損益計算書は、常に連動
①「損益計算書の営業取引」と「貸借対照表の資産の部と負債の部」
②「損益計算書の営業利益」と「貸借対照表の純資産の部」

損益計算書の営業取引と貸借対照表の資産の部と負債の部の連動事例

損益計算書 貸借対照表
売上 発生 売上が計上される ・現金が増加
・売掛金、受取手形等の売上債権が計上される
売上原価(仕入)発生 売上原価(仕入)が計上される ・現金が減少
・買掛金、支払手形等の仕入債務が計上される
販売管理費 発生 水道光熱費、家賃などの経費が計上される ・現金が減少
・未払金、未払経費等の支払債務が計上される

・純資産と営業利益は常に連動
(営業利益がプラスであれば純資産も増加、営業利益がマイナスであれば純資産も減少)
・純資産はすべて自分のお金なので、増えれば増えるほど会社の経営が安定