HOMARE
Do work that people praise
その他

【人間の欲求】マズローの欲求5段階説

【人間の欲求】マズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説とは

・「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階に理論化したもの

・人間には5段階の「欲求」があり、1つ下の欲求が満たされると次の欲求を満たそうとする基本的な心理的行動を表している

マズローの欲求5段階説

第1段階:生理的欲求
(生きていくために必要な、基本的・本能的な欲求)

「食欲」「排泄欲」「睡眠欲」など満たされなければ生命の維持が不可能な欲求

第2段階:安全欲求
(心身の健康・経済的に安定した暮らしをしたい欲求)

身の危険を感じる状況から脱して、少しでも安心できる環境で暮らしたいという欲求
(病気や不慮の事故などに対するセーフティ・ネット)

第3段階:社会的欲求
(友人・家庭、会社から受け入れられたい欲求)

集団への帰属や愛情を求める欲求(愛情と所属の欲求、帰属の欲求)
※この欲求が満たされない状態が続くと孤独感や社会的不安を感じやすくなり、時には鬱状態に陥るケースもある

第4段階:承認欲求(尊重欲求)

他者から尊敬されたい、認められたいと願う欲求
※出世欲(名声や地位を求める)もこの欲求の1つ。外的部分を満たしたい第3段階までとは異なり、内的な心を満たしたい欲求へと変わる。

この第4段階の欲求が妨害されると、劣等感や無力感などの感情が生じる

第5段階:自己実現欲求

自分の世界観・人生観に基づいて、「あるべき自分」になりたいと願う欲求

潜在的な自分の可能性の探求、自己啓発行動、創造性の発揮などを含み、自己実現の欲求に突き動かされている状態。
※第5段階だけはこれまでの欲求とは質的に異なっているとされています。

・最初の1〜4段階の欲求を「欠乏欲求」、5段階の欲求は「存在欲求」
・自己実現を達成できた人は数少ない

・5段階の欲求階層の上に「自己超越」の段階がある
・「自己超越」は、”目的の遂行・達成のみをピュアに求める” という領域で見返りを求めず、自我を忘れてただ目的のみに没頭する様を指す
※この領域に達することができるのは稀なケース