HOMARE
Do work that people praise
アイデア・ビジネス

D2Cとは

D2Cとは

D2Cとは

D2C(D to C)とは「Direct to Consumer」の略で、メーカーなどの製造企業が自社で企画、生産した商品を中間業者や小売店をはさむことなく、消費者へ直接販売する取引形態のこと

D2Cが流行した背景

消費者と直接繋がれるツールの流行

下記のツールが登場した事により、卸売や小売店をはさまずとも、製造者が直接消費者と繋がれるようになってきた

SNS:ライブ機能等で商品の魅力をダイレクトに消費者へアピール
Shopify:自社ブランドのECショップ制作が誰でも簡単にできる

企業が商品開発を行う際に『消費者のニーズ』を重要視

製造者は大衆に向けた製品を生産すればよかったが(大量生産・大量消費社会)

SDGs意識の向上など消費者の考えが変化し、大衆向けの商品では消費者に受け入れてもらえない

顧客の声をダイレクトに聞き、彼らのニーズをよく理解した上で独自性のある商品を開発する

企業が生き残っていくには、消費者の声を生産工程に取り込む必要があるという危機感から、D2Cが広く注目されるようになった

D2Cのメリット

①高い収益性

D2Cでは製造者が商品の開発・製造から販売までを自社で行うため、中間マージン(卸売御者や小売店への手数料)を支払う必要がなくなり、利益率が高まることが期待できる

②施策の自由度が高い

小売店を経由して販売する場合は、その小売店のマーケティングに任せることになるので商品コンセプトやブランドイメージの微妙なニュアンスを正確に伝えることが困難だったが、D2Cであれば独自のマーケティング(インスタライブ配信など)を展開し、消費者へ商品のコンセプトやブランドの世界観をしっかり伝えれる

③顧客データを蓄積・活用

小売店などで販売すると、製造者が「誰が・何を・いつ」買ったのか把握するのは困難だったが、D2CではECサイトのログとして顧客データや閲覧・購買データを収集・蓄積することができるようになるため、自社の顧客や売れ筋商品を即座に理解し、商品開発に活用できる

D2Cのデメリット

集客コストが高くなる

通販用のプラットフォーム(Amazonや楽天など)を利用する場合は、プラットフォーム側が多大な広告費を投下し、消費者を集客してくれるのに対し、D2Cビジネスの場合は、自社で魅力的な商品を開発し、マス広告やオウンドメディアを活用して消費者を集める必要があるため、集客にかかる初期コストが高くなる

マーケティングノウハウが必要

商品の販売を小売店に任せている時は、売れそうな商品を企画・生産することに集中すればよく、販売に関するノウハウは不要だったが、D2Cでは自社で消費者を集め、販売していく必要があるため、マーケティングのノウハウを持っていることが必須

ノウハウが蓄積されるまで手探りで進んでいかなければいけない

D2Cを成功させる為には

これだけ多くの企業が取り組んでいるので、失敗も多くなっています。
D2Cを成功させる為には、まず顧客をよく理解することが重要という事を忘れずに取り組んでいく

顧客をよく理解し、商品コンセプトやブランドの世界観を直接伝えること

P2Cとは
P2CとはP2Cとは...