HOMARE
Do work that people praise
マーケティング

【Webマーケティング】広告効果測定指標「CPA」「ROAS」「ROI」

【Webマーケティング】広告効果測定指標「CPA」「ROAS」「ROI」

「CPA」「ROAS」「ROI」とは

Webで配信した広告の効果を測定するために使われるKPIの中でもよく使われるのがCPA、ROAS、ROIの3つ

【Webマーケティング】目標設定の仕方「KGI」「KPI」「KDI」
【Webマーケティング】目標設定の仕方「KGI」「KPI」「KDI」【Webマーケティング】目標設定の仕方について説明しています...
CPA
(Cost per Acquisition)
コンバージョンにかかった広告費用
CPA=広告費÷コンバージョン数
ROAS
(Return on Advertising Spend)
広告費1円あたりの売上金額
ROAS=広告経由の売上÷広告費×100
ROI
(Return on Investment)
広告費に対する利益率
ROI=利益÷広告費×100

「CPA」「ROAS」「ROI」の活用方法

CPA

・運用中のどの広告がより安価でコンバージョンを獲得できているのかを比較
・実際のコンバージョン数とCPAの両方を比較しながら検討することが肝心

会員登録や資料請求などオンラインで購買活動が完結していない、扱っている商品・サービスが1種類、複数を同一価格で販売したりいるWebサイトに向いている

ROAS

・配信した広告が売り上げに貢献しているかどうかを測るのにROASは重要な指標
・ROASが高い広告には予算をより多く配分、ROASが低い広告はクリエイティブ改善

オンラインで購買活動が完結し、なおかつ多彩な商品・サービスを展開しているWebサイトに最適

ROASは売り上げベースのため、本当に利益が出ているのかどうかはこの指標ではわからない

ROI

『広告の採算がどのくらい取れているのか』という収益性を目に見える数値で表してくれることがROIのメリット

ROIは計測時点で利益が出ているのかどうかを見る指標の為、長期的な利益を軽視してしまいがち

広告成果を適切に判断する為に活用

・問い合わせや資料請求を目標に設定している広告=CPA
・利益や売り上げを目標にしている広告=ROI・ROAS

便利な計算ツールがあるので簡単に算出できますので、利用してみると便利です。

【Webマーケティング】種類
【Webマーケティング】種類【Webマーケティング】種類...